総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
豪快に神輿をぶつけ合う東山地区の氏子ら=15日午後、姫路市白浜町(撮影・秋山亮太)
拡大
豪快に神輿をぶつけ合う東山地区の氏子ら=15日午後、姫路市白浜町(撮影・秋山亮太)

 播磨の秋を彩る松原八幡神社(兵庫県姫路市白浜町)の「灘のけんか祭り」が15日、本宮を迎え、見どころの「神輿合わせ」が披露された。壊れるほど神意にかなうとの伝承の通り、氏子らは3基を激しく打ち付け合った。

 各屋台の宮入りに続き、今年の祭りを取り仕切る東山地区の氏子が、神輿とともに同神社西のお旅山へ移動。観衆が四方から見下ろす練り場に入り、呼吸を合わせて3基をぶつけた。

 ガシャッ、ゴスッという派手な音を立てて屋根が削られ、装飾が飛び散る。砂煙が立ち上る中で神輿が崩れ落ちるたびに、どよめきが起こった。

 他の6地区の氏子は、色とりどりのシデに囲まれ、屋台を担いで登場。「ヨーイヤサー」の掛け声で、渦を巻くように練り合わせて観衆を沸かせた。(小川 晶)

総合の最新
もっと見る

天気(11月12日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 30%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ