総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 台風19号で甚大な被害を受けた長野県を支援するため、兵庫県は15日、先遣隊として職員2人を派遣した。被災規模が広範囲なことから、関西広域連合が被災6県に構成府県を割り当てる「カウンターパート方式」を採用し、兵庫県は長野県を担う。

 先遣隊は、物資の確保状況やボランティアの受け入れ体制、避難所の運営状況などについて情報収集を進める。

 井戸敏三知事は災害ボランティアに交通費などを助成する県の制度に触れ、「今回の災害で相当程度活用されることになる」との見通しを述べた。制度は2019年度予算で創設され、県が対象に指定すれば初適用となる。

 神戸市も同日、先遣隊として福島県庁へ入っていた応援職員1人を同県南相馬市へ派遣した。関係機関との調整などを担う「災害マネジメント統括支援員」として活動する。

(竹本拓也、井関 徹)

総合の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 20%

  • 13℃
  • 2℃
  • 50%

  • 15℃
  • 5℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ