総合 総合 sougou

  • 印刷
定例社長会見で、近畿エリアの深夜帯ダイヤ見直しを発表する来島達夫社長=24日午後、大阪市北区、JR西日本本社
拡大
定例社長会見で、近畿エリアの深夜帯ダイヤ見直しを発表する来島達夫社長=24日午後、大阪市北区、JR西日本本社

 JR西日本は24日、近畿エリアの在来線で午前0時以降の深夜帯ダイヤを見直し、終電を前倒しする検討を始めたと発表した。終電後の保守作業時間を確保し、現場の労働環境を改善する狙い。働き方改革などの影響で深夜帯の乗客は減少傾向だといい、来島達夫社長は「利用実態を踏まえた問題提起でライフスタイルを考える機会にしてほしい」と理解を求めた。実現は早くとも2021年春のダイヤ改正時になるとしている。

 JR西によると、近畿エリアの在来線では終電後の保守作業が毎日100カ所以上で行われ、約1500人が従事。土日や深夜の勤務が敬遠され、働き手が年々減少している。働き方改革関連法による時間外労働の上限規制を控え、一晩の作業量を増やすことで、作業日数の削減を見込む。

 現行の平日ダイヤで午前0時台発の列車は三ノ宮駅で14本、大阪駅で15本。大阪駅発の終電を午前0時に繰り上げた場合、全体で年間の作業日数が約1割減るという。

 見直しの背景には、利用客側の働き方改革もある。三ノ宮駅で午前0時台の18年度利用者数(平日平均)は約1980人で、13年度に比べて19%減るなど、深夜帯利用客は減少している。

 対象の線区や繰り上げ時間は、乗り換えの利便性や都市の夜間観光の動向などから判断する。JR神戸線は、西明石に車両基地がある関係で終電が遅く、利用客から反発も予想される。

 JR西は今後、鉄道各社や地元自治体と調整を進め、利用客の理解も求めていく。(田中真治)

総合の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 20%

  • 12℃
  • 9℃
  • 60%

  • 16℃
  • 13℃
  • 30%

  • 14℃
  • 11℃
  • 20%

お知らせ