総合 総合 sougou

  • 印刷
多くの保護司らが集まって開かれた「兵庫県更生保護大会」=ポートピアホール
拡大
多くの保護司らが集まって開かれた「兵庫県更生保護大会」=ポートピアホール

 罪を犯した人たちの社会復帰や再犯防止を目指して活動を続ける人や団体が一堂に会する「兵庫県更生保護大会」が25日、神戸市中央区港島中町6のポートピアホールであった。約1500人が集まり、犯罪や非行のないまちづくりに向けて誓いを新たにした。

 県保護司会連合会などの主催で、毎年県内各地で開いている。今年は犯罪者予防更生法が施行され更生保護制度が始まってから70周年の節目で、例年より大規模な大会となった。

 同連合会の稲井信男会長が「日本の更生保護制度は官民が一体となって取り組んでおり、世界でも類を見ない。この重要性を内外に発信し、犯罪や非行のない兵庫県をつくりたい」などとあいさつ。活動に尽力した人・団体に、法務相や神戸保護観察所長の感謝状などが贈られた。

 また、作家の玉岡かおるさんが講演し、神仏ともに大切にする日本人特有の感性について語り、後世に引き継ぐ大切さを説いた。(安福直剛)

総合の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 21℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ