総合 総合 sougou

  • 印刷
質問に答える富野由悠季さん(右)=神戸市中央区脇浜海岸通1
拡大
質問に答える富野由悠季さん(右)=神戸市中央区脇浜海岸通1

 「機動戦士ガンダム」で知られるアニメ界の巨匠・富野由悠季さんがファンの質問に答えるトークイベントが2日、神戸市中央区の兵庫県立美術館であった。

 同館で12月22日まで開催中の「富野由悠季の世界」展(神戸新聞社など主催)の関連イベント。創作の裏側や作品の解釈などについて、約250人の参加者が質問を寄せた。

 ヒット作に共通するものは何かとの問いに、「それが分かれば苦労しない」と答えると、会場は大笑い。苦労した作品は「作ったもの全部。そういう思い入れのない作品はくずです」ときっぱり述べた。

 クリエイターに必要なものは「『善きこと』を示すことに尽きる」と断言し、アドバイスを求める若手科学者に「技術が社会にどう作用するか絶えず疑え」と強調。劇場版公開が間近の総監督作「ガンダム Gのレコンギスタ」について、「地球をあと千年、2千年使うための問題に若い世代が気づくことを願い作っている」と話し、技術や経済優先の現代を批判した。

 一番幸せだと感じたことという質問には「こびた回答を思いついた。今です」と照れ混じりに答え、会場は拍手。締めくくりでは、11月5日の誕生日を祝ってバースデーソングが合唱され、「今が一番幸せと言ったのは、うそじゃない」と笑顔で感謝した。(田中真治)

総合の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 20%

  • 12℃
  • 9℃
  • 60%

  • 16℃
  • 13℃
  • 30%

  • 14℃
  • 11℃
  • 20%

お知らせ