総合 総合 sougou

  • 印刷
大石内蔵助が妻りくの父に宛てた書状。署名や花押が残る=赤穂市上仮屋、赤穂市立歴史博物館
拡大
大石内蔵助が妻りくの父に宛てた書状。署名や花押が残る=赤穂市上仮屋、赤穂市立歴史博物館

 赤穂義士が吉良上野介(こうずけのすけ)邸に討ち入る約11カ月前、大石内蔵助(くらのすけ)が京都・山科に隠せいしていた時期に妻りくの父に宛てた書状が見つかった。りくの懐妊が分かり、兵庫・豊岡の実家に帰す日程を相談しており、討ち入りに至る過程の裏側を示す内容。赤穂市立歴史博物館(兵庫県赤穂市)が入手し、12月13日~来年2月4日に開く開館30周年記念の特別展「元禄赤穂事件展」で公開する。(坂本 勝)

 書状は元禄15(1702)年1月27日の日付で、りくの父で豊岡藩京極家の筆頭家老だった石束源五兵衛宛て。「大石内蔵介」の署名と花押が残る。本紙は縦約15センチ、横約248センチ。

 赤穂藩が改易になった後、浪人として山科に仮住まいしていた内蔵助は、討ち入りを決行した場合、家族に累が及ぶことを心配し、妻子らを実家へ戻すことを決めたとされる。書状では、りくが身ごもっていることが分かったと記述。出産予定日が7月ごろのため、2、3カ月以内に豊岡に向かわせなければならないなどと相談している。豊岡に帰すことは召し使いにも口外していないが、大坂(大阪)で最近評判になっていて驚いたとも記している。

 書状は湊川神社(神戸市中央区)の元禰宜(ねぎ)で義士研究家だった故林尚右(なおすけ)氏が著書「大石内蔵助秘話」で1992年に紹介したが、「原文は散逸」とされていた。同館は京都の古書店が売りに出していると知って取り寄せ、内蔵助の自筆であることを確認した。

 同館の木曽こころ学芸員は「りくは三男の大三郎を身ごもっており、内蔵助の気遣いが書中にうかがえる。赤穂事件の裏側を知ることのできる貴重な史料だ」と話す。

 特別展では、内蔵助が討ち入りの前日に心情をつづり、徳島藩の親戚に宛てた手紙も出展される。

総合の最新
もっと見る

天気(11月16日)

  • 18℃
  • 10℃
  • 20%

  • 20℃
  • 5℃
  • 40%

  • 19℃
  • 8℃
  • 10%

  • 19℃
  • 6℃
  • 20%

お知らせ