総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
香味野菜がたくさんのった白身魚。特製たれはポン酢にしてもよいが、その際は使用量を大さじ1杯までに
拡大
香味野菜がたくさんのった白身魚。特製たれはポン酢にしてもよいが、その際は使用量を大さじ1杯までに
【1】香りや酸味を利用 香味野菜(ネギやショウガ)の風味とレモンの香りや酸味を利用し、おいしく減塩。ユズやスダチを使ってもよい。
拡大
【1】香りや酸味を利用 香味野菜(ネギやショウガ)の風味とレモンの香りや酸味を利用し、おいしく減塩。ユズやスダチを使ってもよい。
【3】電子レンジで蒸す 電子レンジを使うことで簡単に調理でき、蒸すことで低カロリーに。
拡大
【3】電子レンジで蒸す 電子レンジを使うことで簡単に調理でき、蒸すことで低カロリーに。
【2】ごま油でコクを出す たれにごま油を加えることでコクをプラス。食べる直前にかけたりつけたりすることで、より味を感じやすくなる。
拡大
【2】ごま油でコクを出す たれにごま油を加えることでコクをプラス。食べる直前にかけたりつけたりすることで、より味を感じやすくなる。
平田結喜緒・健康ライフプラザ健診センター長
拡大
平田結喜緒・健康ライフプラザ健診センター長

 「医師おすすめ! お手軽健康レシピ」。今月は、4回シリーズでお届けしている「高血圧」の第2弾。今回のメニューは「白身魚の香り蒸し」です。(記事・篠原拓真、写真・後藤亮平)

〈材料(2人分)〉

タイ(白身魚)2切れ

白ネギ40グラム

ニンジン20グラム

エノキ40グラム

ショウガひとかけ

シイタケ2個

酒小さじ2

こしょう少々

カイワレダイコン10グラム

Aレモン果汁大さじ1、しょうゆ大さじ1/2、砂糖小さじ1/2、ごま油小さじ1/2

〈つくりかた〉

1 魚の水気を拭き、酒とこしょうをふる【1】。

2 白ネギ、ニンジン、ショウガは千切りにし、エノキは3センチほどでそろえる。石づきを落としたシイタケは半分に切る【2】。

3 Aを混ぜ合わせた特製たれを小皿に入れておく。

4 耐熱容器に置いた魚の上に切りそろえた白ネギなどの野菜をのせ、電子レンジで7~8分加熱する【3】。(蒸し器を使用する場合は加熱時間は15分ほど)

5 蒸した魚と野菜の上からおろしたレモンの皮をふり、カイワレダイコンを添える。

■治療は生活習慣の見直しから 平田結喜緒・健康ライフプラザ健診センター長

 健診受診者へのある調査では、40歳未満で高血圧の人の割合は男性で約8%、女性で約3・3%でした。一方60歳以上だと男性は約42%、女性は約32%に増え、女性は約10倍になっていることがわかります。

 理由として考えられるのは、女性ホルモンのエストロゲンの低下です。これは血管のしなやかさを保つ作用があります。閉経でエストロゲンが減少すると血管のしなやかさが失われ、結果として血圧が高くなります。またエストロゲンが減ると、脂質異常症になりやすくなり、動脈硬化が進むともされます。

 高血圧の治療には、降圧薬の服用がありますが、重度でなければ、まずは生活習慣の改善から始まります。それでも下がらなければ服薬を始めます。

 前回述べた1度(最高血圧140ミリHg以上、最低血圧90ミリHg以上のいずれかまたは両方)であれば、脳血管障害などのリスクがなければ、生活習慣の見直しから始めます。3度(同180ミリHg以上、同110ミリHg以上のいずれかまたは両方)であれば、すぐに薬での治療を始めなければなりません。

 服薬開始後も生活改善は必要です。治療と生活習慣見直しの両輪が、高い治療効果につながるからです。

 高血圧は症状がないと放置され、気付いた時には合併症が起きていることが多く、「サイレントキラー」とも呼ばれます。年配はもちろん、若い人ほど高血圧への意識を高めることが重要です。年に1回の健康診断は、必ず受けるようにしましょう。

◇協力 兵庫県予防医学協会、管理栄養士 小西晴美さん、平野三恵子さん

総合の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 21℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ