総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
神戸新聞社の高梨柳太郎社長(右)から「一日読者本部長」を委嘱されるのんさん=9日午後、姫路市駅前町(撮影・小林良多)
拡大
神戸新聞社の高梨柳太郎社長(右)から「一日読者本部長」を委嘱されるのんさん=9日午後、姫路市駅前町(撮影・小林良多)
神戸新聞社の高梨柳太郎社長(右)から「一日読者本部長」を委嘱されるのんさん=9日午後、姫路市駅前町(撮影・小林良多)
拡大
神戸新聞社の高梨柳太郎社長(右)から「一日読者本部長」を委嘱されるのんさん=9日午後、姫路市駅前町(撮影・小林良多)

 神戸新聞社の播磨製作センター(姫路市四郷町)完成や、姫路支社の本社化を記念した「神戸新聞まつり in ひめじ」が9日、姫路本社(同市豊沢町)を含むJR姫路駅周辺の3会場であった。地元播磨の兵庫県神河町出身の女優のんさん(26)のトークショーなどがあり、約1万人の来場者でにぎわった。駅前のステージに立ったのんさんは、姫路の街の変化に驚きつつ「やっぱり地元に帰るとほっとする」と笑顔を見せ、親しんだ播磨の魅力を紹介して観衆を盛り上げた。

 「新聞がまちに飛び出す一日」をテーマに多彩なイベントを展開。グループ企業であるサンテレビジョンの開局50周年、ラジオ関西のワイドFM開局も記念した催しで、市制130周年の姫路市が共催した。

 のんさんは播磨製作センター完成記念キャンペーンのイメージキャラクター。神戸新聞のシンボルカラーの青色のブラウス姿で登場すると歓声が上がった。

 高梨柳太郎・神戸新聞社社長から「一日読者本部長」を委嘱され、地元での思い出や播州弁を披露。老若男女や猫など1人10役をこなした今夏の初舞台にも触れ「刺激的だった」と活動の充実ぶりを語った。(井上太郎)

総合の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 21℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ