総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
取材に答える村岡龍男氏=11日午前、宍粟市一宮町(撮影・勝浦美香)
拡大
取材に答える村岡龍男氏=11日午前、宍粟市一宮町(撮影・勝浦美香)

 兵庫県宍粟市雇用創生協議会が国の委託金を不正受給した疑いがある問題で、事務局長で元神戸市議の村岡龍男氏(59)が11日、神戸新聞などの取材に応じた。村岡氏は「疑惑が報道され、関係者の皆さまに申し訳ない」と謝罪したが、不正を認めるかという質問には回答を保留した。問題を指摘された項目についての報告書を15日までに作成し、兵庫労働局と宍粟市役所に提出後、公表するという。

 村岡氏は、協議会副会長らが「11月に開いた就労セミナーを12月と報告した」「セミナーで講師が来ていないこともあった」などと証言していることについて、「経緯や原因などを一括して精査している。事業の責任者としておわびするしかない」と話し、証言内容を否定しなかった。

 協議会の経費にも実態のないアドバイザー謝金など不透明な支出があることを問われると、「運営の中で問題があることは認識している。謝金以外の問題も含めて精査し、国に判断してもらいたい。調査には全面的に協力する」とした。

 9月末までに国から受け取った約7千万円の委託金についても「私の給与や指摘された部分は返金に応じる」とした。最後に「協議会は多くの人が協力し、職員が汗を流し、胸を張れる事業だった。問題点は精査して公表し、疑問に答えたい」と強調した。(古根川淳也)

総合の最新
もっと見る

天気(12月6日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ