総合 総合 sougou

  • 印刷
雇用創生協議会を解散する方針を明らかにした福元晶三宍粟市長=宍粟市役所
拡大
雇用創生協議会を解散する方針を明らかにした福元晶三宍粟市長=宍粟市役所

 兵庫県の宍粟市雇用創生協議会を解散する意向を示した宍粟市の福元晶三市長との主なやりとりは次の通り。

 -協議会を今後も続ける意思は。

 「全くない。解散する。あとは手続きの問題。できるだけ早く着手したい」

 -解散の理由は。

 「すでに兵庫労働局から不正の疑いを指摘され、事業を停止している。市も独自に協議会職員から事情聴取し、不正支出は明らかな事実として認識した。全容は解明できていないが、厳正に対処したい」

 -市が認定した不正は。

 「7月19日のセミナーなどを開催されたように装っているのは弁明の余地がない。返還額が決まれば返金し解散したい。協議会メンバーとも合意し、村岡氏にも伝えている」

 -協議会会長を務める市長の責任は。

 「結果として市長の肩書が利用され、市民の信頼を裏切ったのは事実。今できることは、しっかり全容を解明し、不正を許さない姿勢を貫くことだと思う」

 -解散時期は。

 「時期や手続きは未定だが、すでにリース契約の解除など清算作業を指示した。労働局の通知を待って粛々と進めたい」(古根川淳也)

総合の最新
もっと見る

天気(12月7日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 11℃
  • 1℃
  • 30%

  • 10℃
  • 5℃
  • 30%

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ