総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5
拡大
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

 兵庫県は18日、県庁舎1、2号館を統合・集約し県民会館とともに建て替える再整備基本構想を受けて、具体的な計画を議論する有識者らの検討委員会の初会合を開いた。一部委員による専門部会を設けて助言を聞き、来年3月末にも計画素案を作る方針を示した。

 県が提示した計画の構成案では今後、県庁舎の建物配置や性能、規模などを協議するほか、2号館と県民会館跡地の整備方針を検討。現在、JR元町駅から階段や坂道が続く県庁までの道のりについて、地下通路や動く歩道を設けるなど複数の案を議論する。

 委員からは「大阪ににぎわいを取られており、(再整備は)兵庫再生の鍵を握るラストチャンスだ」などの意見が出た。

 県は6月、老朽化した1号館跡地に1、2号館を集約した行政棟を建て、2号館跡地には高級ホテルや商業施設を誘致し、新たな県民会館を整備する基本構想を策定。再整備費として650億~700億円(解体費を含む)を見込む。

 基本計画を作る事業協力者に、東京五輪のメインスタジアム「新国立競技場」のデザインを手掛けた建築家隈研吾氏の設計事務所など3社によるグループを選んだ。(井関 徹)

総合の最新
もっと見る

天気(12月9日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ