総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5
拡大
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

 火災で正殿などが焼失した首里城(那覇市)の再建を支援するため、兵庫県は見舞金として100万円を沖縄県に贈ることを決めた。自然災害以外で兵庫県が見舞金が贈るのは初めてで、井戸敏三知事が「沖縄とは深い関係がある」などとして決断。28日にも金沢和夫副知事が沖縄に出向き、手渡すという。(前川茂之)

 兵庫と沖縄は本土復帰した1972年に「友愛県」の協定を締結。毎年、若者らの交流を続けている。

 太平洋戦争末期の沖縄戦では兵庫県出身者3073人が犠牲になった。28日には、兵庫県遺族会が沖縄県糸満市の摩文仁の丘で「のじぎくの塔慰霊祭」を行う。見舞金は、慰霊祭出席のため沖縄を訪問する金沢副知事が贈呈する予定で、沖縄県側と調整している。

 同じ場所には、戦争末期の沖縄県知事で神戸市出身の島田叡氏や沖縄戦で犠牲になった県職員らの慰霊塔「島守の塔」がある。28日はここでも慰霊祭が開かれる予定で、兵庫の遺族や金沢副知事、沖縄県の幹部職員らが出席する。また、終戦から75年となる来年には、島田氏らを取り上げた映画「島守の塔」(神戸新聞社をはじめ3県の地方紙などによる製作委員会)が公開される予定。

 兵庫県は三井住友銀行県庁出張所など複数の金融機関で義援金を受け付けており、県庁や出先機関に募金箱を置いている。問い合わせは県青少年課TEL078・362・3143

総合の最新
もっと見る

天気(7月15日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 20%

  • 25℃
  • 22℃
  • 60%

  • 27℃
  • 22℃
  • 30%

  • 27℃
  • 22℃
  • 40%

お知らせ