総合 総合 sougou

  • 印刷
アダルトゲームの舞台に使われたエス・コヤマ=三田市ゆりのき台5
拡大
アダルトゲームの舞台に使われたエス・コヤマ=三田市ゆりのき台5

 12月20日に発売予定のアダルトゲームの舞台に、全国的な人気洋菓子店「パティシエ・エス・コヤマ」(兵庫県三田市)の外観が無断で使われていることが分かった。制作側は著作権に抵触しないよう細部を変えたとするが、店側はイメージが損なわれかねないとして発売後の抗議を検討している。

 ゲームは大阪市のソフトウエア会社が制作した「喫茶(カフェ)ステラと死神の蝶(ちょう)」。主人公やヒロインが働く店の外観にエス・コヤマを使っている。発売を前に会員制交流サイト(SNS)で絵が拡散され、既にファンが舞台を巡る「聖地巡礼」が始まっている。

 神戸新聞社の取材に、制作側は店の許可を取らずにモデルにしたと認めたが、店のロゴを消して石垣の色も変えるなどしているため「著作権の問題はない」と説明。ゲームやアニメ、漫画で建物を描く際は、所有者や権利者に許可を得ないケースが多いとしている。

 情報・メディア法に詳しい関西学院大学大学院司法研究科の丸山敦裕教授(憲法学)は「性的な場面で使えば営業妨害になる可能性もあるが、背景に使うだけなら削除などを求めるのは難しい」と話す。

 店側は「年齢制限があるゲームの性質上、客に不快感を与えかねない」とし、発売後に使用を確認して対応を検討する。同店広報室は「(制作側に)許可していないということは皆に知ってほしい」とした。

 店はフランス・パリのチョコレート祭典「サロン・デュ・ショコラパリ」で8年連続で最高位を受賞したパティシエ小山進氏が2003年に現在の場所にオープンさせた。(門田晋一)

総合の最新
もっと見る

天気(12月7日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 30%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ