総合 総合 sougou

  • 印刷
MONO消しゴム(上)のパロディー版として小野市観光協会が作った「ONO消しゴム」
拡大
MONO消しゴム(上)のパロディー版として小野市観光協会が作った「ONO消しゴム」

 兵庫県小野市観光協会が大手文具メーカー、トンボ鉛筆(東京)の「MONO消しゴム」のパロディー版「ONO消しゴム」を無許可で作った問題で、同協会が同社と協議し、作り直しを検討していることが25日分かった。消しゴム1万個を作り直し、催しなどで無料配布する方向で同社と調整しているという。

 同協会は8月、「MONO」ブランドにあやかり、頭の1文字を消した「ONO」(小野)と記した模倣品の販売を計画。だが製造を委託した業者がトンボ鉛筆の許可を得ていなかったことが判明、納品された千個の消しゴムを返品した。

 その後、協会に運営補助金を支出する小野市の蓬●務市長(73)が改めて、ONO消しゴムと同じ製品の再発注を同社側に打診。MONO消しゴムで色彩の登録商標を認められている同社は「同じ物は許可できないが、どんなデザインなら可能か協議している」という。

 協会は10種類以上のデザイン案を提示しており、同社が近日中にも回答する見通し。(笠原次郎)

(注)●は「莱」の「来」が「來」

総合の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 14℃
  • 5℃
  • 10%

  • 14℃
  • 0℃
  • 0%

  • 15℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ