総合 総合 sougou

  • 印刷
奉納された巨大絵馬=27日午前、神戸市中央区下山手通1(撮影・斎藤雅志)
拡大
奉納された巨大絵馬=27日午前、神戸市中央区下山手通1(撮影・斎藤雅志)

 来年の干支「子」を描いた巨大絵馬(高さ2メートル、幅3メートル)が27日、神戸市中央区の生田神社に奉納された。空を仰ぐ愛らしいネズミが社殿前で披露されると、参拝客らから拍手と歓声が上がった。

 同神社では2005年から毎年、外部の画家に依頼して巨大絵馬を奉納している。

 今回制作したのは、洋画家団体「二紀会」兵庫県支部会員の小原実知成さん(71)=兵庫県明石市。6月から構想を練り、約2カ月かけて完成させた。

 宙を舞う紅白の寒ツバキと対になるよう、左下に夫婦岩を描いた。制作に取り掛かってから、豪雨や台風被害が相次ぎ、那覇市の首里城火災も発生。小原さんは「上を向くネズミと寒ツバキに希望を込め、夫婦岩はレクイエム(鎮魂曲)として表現した」と語った。

 来年1月下旬まで境内に飾られる。(末永陽子)

総合の最新
もっと見る

天気(12月7日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 30%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ