総合 総合 sougou

  • 印刷
今年1月17日は竹灯籠で「1995 つなぐ 1.17」とともされた=神戸市中央区加納町6、東遊園地
拡大
今年1月17日は竹灯籠で「1995 つなぐ 1.17」とともされた=神戸市中央区加納町6、東遊園地

 阪神・淡路大震災から25年となる2020年1月17日、神戸市中央区の東遊園地で開かれる追悼行事「1・17のつどい」で竹灯籠を並べてつくる文字を、実行委員会が公募している。同7日まで受け付ける。

 文字の公募は16年のつどいから始まり5回目。16年は「未来」、17年は「光」、18年は「伝」、19年は「つなぐ」が選ばれた。4文字以内で、灯籠でかたどりやすい字が望ましい。実行委が協議で決定し、1月10日に東遊園地で発表する予定。藤本真一実行委員長(35)は「それぞれの心の中にある震災を考えることにつながる。文字に思いを込めてもらえたら」と話す。

 文字と選んだ理由を合わせ、実行委事務局のNPO法人「阪神淡路大震災1・17希望の灯り(HANDS)」まで。はがき(〒651-1131 神戸市北区北五葉1の13の1、レ・アールビル3階)、メール(info@117notsudoi.jp)、ファクス(TEL078・330・4117)で申し込む。「1・17のつどい」のホームページ、ツイッターでも受け付けている。

 また、来年1月17日に東京に設ける追悼会場が代々木公園(東京都渋谷区)に決まった。東京開催は今年に続き2回目となる。実行委事務局TEL050・3590・0117

(竹本拓也)

総合の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ