総合 総合 sougou

  • 印刷
2020年の抱負を語る井戸敏三知事=兵庫県庁
拡大
2020年の抱負を語る井戸敏三知事=兵庫県庁

 兵庫県の井戸敏三知事は新年に際した会見で、2020年の抱負として「阪神・淡路大震災から25年の節目を機に改めて原点に立ち返る」と語り、新年の重点目標に防災減災対策など三つの柱を掲げた。

 井戸知事は震災からの四半世紀を「国内外の人々が驚くほどの創造的復興を成し遂げた」とする一方で、「危機に陥った財政の建て直しに取り組まざるを得ないなど、苦難の連続だった」と振り返り、震災の経験と教訓の活用、継承を改めて誓った。

 その上で「ようやく新たな本格的投資ができるようになった」とし、安全安心な兵庫の構築▽地域の元気づくり▽(国内外からの誘客を目指す)交流・環流の促進-を新年の施策目標に位置付けた。南海トラフ地震対策や三宮再整備、県庁舎建て替えなども急ぐ。

 20年は1月15日から姫路競馬場のレースが7年半ぶりに再開、5月は東京五輪の聖火リレーが県内で実施される。9~11月は淡路花博20周年記念花みどりフェアが予定されている。(前川茂之)

総合の最新
もっと見る

天気(8月5日)

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 22℃
  • 20%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

  • 38℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ