総合 総合 sougou

  • 印刷
亡くなった男性係長に哀悼の意を示す長田淳教育長(中央)=10日午後、神戸市中央区東川崎町1
拡大
亡くなった男性係長に哀悼の意を示す長田淳教育長(中央)=10日午後、神戸市中央区東川崎町1

 神戸市教育委員会会議が10日開かれ、市教委総務課で同会議の調整役を務めていた男性係長(39)が、9日に芦屋市で橋から飛び降りて死亡したことが報告された。長田淳教育長は「職員の命を守ることができなかったのは痛恨の思い」と述べた。

 芦屋署によると、係長は芦屋市陽光町の東灘芦屋大橋の上から飛び降りた。自宅には自殺をほのめかす手紙が残されていた。

 同会議の冒頭、長田教育長は「特に(神戸市立東須磨小学校の教員による)ハラスメント事案の発生後、事務局の職員には多大なる苦労をかけてきた。労働安全衛生やメンタルヘルスに気を配ってきたつもりだったが、十分徹底できていなかった」と謝罪した。開会前には長田教育長と教育委員の大学教授、弁護士らで黙とうした。

 市教委によると、係長は2019年4月に市長部局から市教委に出向し、教育行政の意思決定を担う教育委員との調整などを務めた。10月に東須磨小の問題が発覚した後は、同会議の開催頻度が高くなっていた。残業時間は、10月=98時間▽11月=69時間30分▽12月=43時間30分▽今年1月=54時間-だった。(長谷部崇)

【連載・特集】神戸・東須磨小 教員間暴力

総合の最新
もっと見る

天気(2月28日)

  • 9℃
  • 3℃
  • 10%

  • 8℃
  • 2℃
  • 20%

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

  • 10℃
  • 2℃
  • 10%

お知らせ