総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県教委が入る県庁3号館=神戸市中央区
拡大
兵庫県教委が入る県庁3号館=神戸市中央区

 兵庫県教育委員会は10日、保護者から預かった生徒会費666万円を不正に着服したとして、県立三木東高校の男性教諭(33)を免職処分にしたと発表した。

 男性教諭は2018年4月から、部活動の用具購入や遠征費用を補助する生徒会費の会計を担当。同年8月~19年11月、通帳から173回にわたり計768万円を不正に引き出し、うち666万円をパチンコや競馬などに使ったという。

 男性教諭は「教師間の人間関係をストレスに感じ、ギャンブルを始めた。生徒や卒業生に申し訳ない」と話しているという。

 県教委によると、2人で別々に取り扱う通帳と公印を、同校では男性教諭が1人で管理していた。指導監督不足として、同校の前校長と現校長も減給10分の1(1カ月)とした。

 また、国立大の推薦入試の願書の提出が遅れ、男子生徒が志望校に受験できなかったとして、播磨東地区の30代の女性高校教諭を戒告処分に。阪神地区の60代の男性高校教諭も期末考査の監督中に男子生徒に間違いを指摘したとして、戒告処分となった。(斉藤絵美)

総合の最新
もっと見る

天気(8月7日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 40%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ