総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県議会(資料写真)
拡大
兵庫県議会(資料写真)

 兵庫県議会は23日、本会議を開き、総額3兆9549億円の2020年度当初予算案など計56件を原案通り可決した。また県は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、緊急対策費27億8300万円を盛り込んだ19年度一般会計補正予算案など3件を追加提出した。

 井戸敏三知事は補正予算案の提案説明で、増えつつある感染者について「これ以上のクラスター(感染者の集団)化を防ぎ、二次感染を封じ込めることを最優先に取り組む」と述べた。

 補正予算案では、介護施設や保育所にマスクの購入や施設の消毒経費を補助し、売り上げが減少した中小企業向けに制度融資を拡充。また、感染防止のため参加人数を減らして少人数で分散開催する子ども食堂に対し、会場費やマスクの購入費などを4万円を上限に補助する支援策も盛り込んだ。(井関 徹)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(6月2日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 28℃
  • 17℃
  • 20%

  • 29℃
  • 20℃
  • 30%

  • 31℃
  • 20℃
  • 40%

お知らせ