総合 総合 sougou

  • 印刷
春の全国交通安全運動出発式の後、一斉に県警本部を後にする白バイ隊員ら=神戸市中央区下山手通5
拡大
春の全国交通安全運動出発式の後、一斉に県警本部を後にする白バイ隊員ら=神戸市中央区下山手通5

 春の全国交通安全運動に合わせ、神戸市中央区の兵庫県警本部前で6日、出発式が行われた。本部長の訓示や現場警察官の決意表明の後、取り締まりのため白バイ隊員らが一斉に街中へと向かった。

 運動は同日から15日までの10日間で、歩行者の安全確保などに重点を置く。出発式に先立ち、テレビの釣り番組で活躍するタレント伊丹章さんに一日交通安全大使の委嘱状が渡された。

 出発式では加藤晃久本部長が「あおり運転や飲酒運転の取り締まりを強化し、警察の存在感を最大限に発揮してほしい」とあいさつ。続いて伊丹さんが「交通事故で悲しむ人をなくしましょう」と県民に向けてメッセージを送った。

 最後に高速隊の谷卓弥巡査部長が「交通指導に全力で取り組む」と決意を表明。新型コロナウイル感染を警戒し、マスク姿の警察官が白バイやパトカーで出発した。

 また、この日は県警本部周辺で、県警と「あいおいニッセイ同和損保」が共同で作製したステッカーも配布。ドライブレコーダーの図柄とともに「録画中 接近注意!!」と表示してあり、あおり運転撲滅を狙う。(堀内達成)

総合の最新
もっと見る

天気(5月30日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ