総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県と西宮市などは7日、新たに10~80代の男女計20人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち1人は神戸西署に勤務する50代の男性警視=兵庫県稲美町在住=で、県警の警察官で感染が確認されたのは初めて。1日に判明した人数はこれまでで最も多く、県内の感染者は計229人となった。

 県によると、警視は5日に発熱し、7日に陽性が判明した。県警は、この警視と接触したとみられる同署員約50人を自宅待機させる方針。県警本部所属の警察官らが同署の業務を支援する予定という。

 西宮市は男女計8人の感染を発表。60代男性は毎日放送(大阪市)の取締役で、同居する80代の男女2人も感染が確認された。毎日放送によると、取締役はアナウンサー室や制作室などを担当。自宅待機が必要な接触者は数人という。

 神戸市ではいずれも40代の男性3人の感染が確認され、自営業の男性1人が重症という。姫路市では嘔吐(おうと)や下痢の症状を訴えた10代後半の無職女性が陽性と判明した。

 ほかに感染が確認されたのは尼崎と芦屋、伊丹、明石の4市。退院者は計60人で6日から10人増えた。(まとめ・金 旻革)

【記事特集】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(8月4日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ