総合 総合 sougou

  • 印刷
タブレット端末を活用したオンライン学習(記事と写真は関係ありません)
拡大
タブレット端末を活用したオンライン学習(記事と写真は関係ありません)

 新型コロナウイルスの感染拡大で学校の休校が続く中、兵庫県教育委員会は17日、家庭学習を支援するため、自宅にインターネットを使う環境がない県立高校などの生徒らを対象に、タブレット端末を無償で貸し出す方針を固めた。500人前後への貸与を想定し、学校を通じて20日から順次配布する予定。

 県立学校(高校や特別支援学校など)は感染の広がりで、全校が登校日を設けておらず、長引く休校措置で学習面の遅れが懸念されている。タブレット端末があれば、学校が配信するオンライン授業が閲覧でき、教師と双方向でやりとりできる学習相談などにも役立ててもらう。

 県教委によると、貸与の対象は県立学校全176校の生徒のうち、ネットを使った学習支援を検討している学校に通い、パソコンやスマートフォンなどのネット環境が自宅にない人。県教委の調査では、ネット環境がない家庭は0・6%程度といい、県立学校の全生徒数で換算すると約500人に上ることが分かった。

 タブレットは高速通信「LTE」対応で、動画を閲覧できる容量のものを購入する予定。5月末まで生徒に貸与し、休校が続いていれば延長も検討する。

 県教委によると、大半の県立学校が、ネットを使って授業内容を動画で配信したり、学習課題を配布したりする学習支援を実施、または計画している。県教委は、より積極的にオンライン学習を導入するよう各校に呼び掛けていく。(斉藤絵美)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(7月14日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 23℃
  • 90%

  • 27℃
  • 22℃
  • 80%

  • 27℃
  • 21℃
  • 90%

お知らせ