総合 総合 sougou

  • 印刷
初手を指す先手の里見香奈女流王位(左)。右は加藤桃子女流三段=5日午前、東京都渋谷区、将棋会館
拡大
初手を指す先手の里見香奈女流王位(左)。右は加藤桃子女流三段=5日午前、東京都渋谷区、将棋会館

 将棋の里見香奈女流王位(28)=清麗、女流名人、倉敷藤花=に加藤桃子女流三段(25)が挑む第31期女流王位戦5番勝負(神戸新聞社主催)の第1局が5日午前9時、東京都渋谷区の将棋会館で始まった。

 女流タイトル通算39期で「クイーン王位」の称号を得ている里見と、女流タイトル通算8期の加藤。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い開幕を延期していたが、緊急事態宣言の解除を受け、当初の予定より約2カ月遅れで開幕した。

 振り駒で里見が先手となり、立会人の中村太地七段の合図で初手を5六歩と指した。序盤は速いペースで駒組みが進み、里見が5五歩(5手目)と5筋の位を取って中飛車から高美濃に構えたのに対し、加藤は居飛車穴熊で対抗した。

 中村七段は「序盤は互いに得意とする形で、堅く囲った加藤女流三段に対して里見女流王位がどう動くか。これから戦いが始まりそうだ」と話した。

 持ち時間は各4時間で、勝敗は夜までに決まる見込み。対局の様子は神戸新聞NEXTで中継している。

【女流王位戦】中継サイトはこちら

総合の最新
もっと見る

天気(9月27日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ