総合 総合 sougou

  • 印刷
答辞を述べる新入生総代の奥山映美さん=宝塚市栄町1(宝塚音楽学校提供)
拡大
答辞を述べる新入生総代の奥山映美さん=宝塚市栄町1(宝塚音楽学校提供)

 宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)は5日、第108期生の入学式を開いた。新型コロナウイルス感染防止策として会場を同校講堂より広い宝塚大劇場の改札口前ロビーに変更。予定より約2カ月遅れにはなったが、新入生は心新たに夢への一歩を踏み出した。

 第108期生は兵庫県出身者3人を含む40人。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月の合格発表をホームページ上で行い、4月17日に予定していた入学式も延期していた。

 小林公一校長は「入学したときから既に注目される期生になった。だからこそ一生懸命努力して成長していってほしい」と激励した。新入生総代の奥山映美さん=東京都出身=は「合格発表以降、早くあこがれの学校で学びたいという気持ちを募らせていた。魅力的なタカラジェンヌになりたい」と述べた。

 感染予防のため例年と異なり、校歌は歌入りの音源を流し、本科生から校章を着けてもらうセレモニーもなかった。(中川 恵)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(9月27日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ