総合 総合 sougou

  • 印刷
国内最大の公開望遠鏡「なゆた」=兵庫県佐用町西河内、県立大西はりま天文台(資料写真)
拡大
国内最大の公開望遠鏡「なゆた」=兵庫県佐用町西河内、県立大西はりま天文台(資料写真)

 兵庫県立大西はりま天文台(佐用町西河内)は、国内最大の公開望遠鏡「なゆた」が21日の落雷の影響で故障したと発表した。

 なゆた望遠鏡は2メートルの反射鏡を持つ。21日に同天文台周辺に落ちた雷の影響で、望遠鏡の向きや高さを変えるモーターなどが動かなくなったといい、詳しい状況や復旧にかかる期間などを調べている。

 宿泊客や一般客向けに開催している夜間の天体観望会は、当面の間、別の望遠鏡(60センチ望遠鏡)を使って実施する。今後の予定については同天文台ホームページで案内する。(勝浦美香)

総合の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ