総合 総合 sougou

  • 印刷
市野年成さん(兵庫県提供)
拡大
市野年成さん(兵庫県提供)
濱田博司さん(兵庫県提供)
拡大
濱田博司さん(兵庫県提供)
尾山基さん(兵庫県提供)
拡大
尾山基さん(兵庫県提供)
安岡秀美さん
拡大
安岡秀美さん

 兵庫県は21日、2020年度の県文化賞、科学賞、スポーツ賞、社会賞の受賞者計14人1団体を発表した。贈呈式は11月10日、神戸市中央区の県公館で、若手や中堅芸術家をたたえる「県芸術奨励賞」とともに開かれる。

 4賞は県における最高位の賞で、県民文化の高揚や科学技術の向上、スポーツ振興などに貢献した個人や団体を毎年表彰している。

 文化賞は、陶芸家の市野年成さん(71)=丹波篠山市=ら5人。市野さんは、丹波焼の伝統を踏襲しながら現代的な感性を加え、独自の作風を追求。料理とのコラボレーションを図るなど丹波焼への理解も促す。大阪芸術大教授として後進の育成にも力を注いだ。

 科学賞は、理化学研究所生命機能科学研究センター(神戸市中央区)のチームリーダー濱田博司さん(70)=大阪府豊中市=ら4人が受賞。濱田さんは、動物の内臓の形や位置の非対称性を研究し、同研究所の多細胞システム形成研究センター長を務めた。

 スポーツ賞は、アシックス(神戸市中央区)会長の尾山基さん(69)=芦屋市=ら3人。尾山さんは、県体育協会副会長を務め、2019年のラグビーワールドカップにも意欲的に関わるなど、関西や世界のスポーツ振興を先導した。

 社会賞は、福祉団体「デイジー淡路」代表の安岡秀美さん(83)=洲本市=ら2人と1団体。安岡さんは1974年から、視覚障害者向けの朗読活動を40年以上続ける。デイジー淡路では、本の朗読をデジタル録音としてCD化を進めた。

 そのほかの受賞者は次の通り。

(敬称略、年齢は11月3日現在)

 【文化賞】日本著作権輸出センター相談役、栗田明子(86)=芦屋市▽絵本作家、田島征彦(80)=淡路市▽俳人、坪内稔典(76)=大阪府箕面市▽詩人、時里二郎(67)=加西市

 【科学賞】川重原動機工事社長、櫻井秀明(61)=神戸市西区▽県立大大学院生命理学研究科教授、城宜嗣(63)=姫路市▽神戸大名誉教授、林祥剛(66)=西宮市

 【スポーツ賞】県卓球協会会長、井川弘光(79)=神戸市垂水区▽神戸大名誉教授、平川和文(71)=同市東灘区

 【社会賞】県保育協会代表理事・会長、小林公正(69)=朝来市▽県人権教育研究協議会=神戸市中央区

総合の最新
もっと見る

天気(11月30日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 12℃
  • 6℃
  • 30%

  • 15℃
  • 8℃
  • 0%

  • 15℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ