総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県は28日、新たに29人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。過去1週間の新規感染者数の1日平均が21・0人になり、県は感染状況を示す独自の警戒レベルを、5段階で上から3番目に当たる「増加期」(20人以上)に再び引き上げた。増加期とするのは約2カ月ぶり。

 警戒レベルの引き上げを受け、井戸敏三知事は28日、県民向けのメッセージを発信。飲酒を伴う懇親会▽大人数や長時間の飲食▽マスクなしでの会話-への注意を特に呼び掛けた。感染状況を見極めるとして、社会活動の制限などに変更はない。

 新規感染者29人のうち10人は、三菱電機の尼崎市内の事業所に勤務する10代の新入社員9人と指導役の30代社員。県は同社でクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。いずれも軽症または無症状という。

 県によると、10人は今月中旬に同社が実施した研修の参加者。28日現在の同社の感染者は、25日の県発表分2人を含む計12人。今後、社員や家族ら濃厚接触者の調査を続ける。

 明石市在住の80代男性は肺炎の症状があり、中等症と診断された。このほか神戸市は男女4人、姫路市は市内の大学に通う20代の男子学生ら男女3人の感染を発表した。

 神戸市が公表済みの感染者1人の届け出を取り下げ、県内の累計感染者は3186人。死者は62人で変わらない。(まとめ・竹本拓也)

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況

総合の最新
もっと見る

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ