総合 総合 sougou

  • 印刷
来年の干支「丑」が描かれた巨大絵馬=26日午前、神戸市中央区下山手通1
拡大
来年の干支「丑」が描かれた巨大絵馬=26日午前、神戸市中央区下山手通1

 来年の干支「丑」を描いた巨大絵馬が26日、生田神社(神戸市中央区)に奉納された。悠然と構える姿には「希望が見えてくる年になってもらいたい」との思いが込められている。

 高さ2メートル、幅3メートル。洋画家団体「二紀会」の片山光波さん(71)=兵庫県洲本市=が、水彩と油彩の中間的な特徴を持つテンペラ画の技法を用いて描いた。下地を何層も重ね、麻布を使って立体感を演出。光の当たり方や見る角度で色合いも少しずつ変化する。

 ちょうど「年男」を迎える片山さん。終息しない新型コロナウイルス禍に触れ「とかくバタバタしがちだが、どっしりとしたこの牛のように心落ち着けて過ごせる年になってほしいですね」と話した。絵馬は来年1月末まで境内に飾られる。(鈴木雅之)

総合の最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ