総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5
拡大
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

 兵庫県淡路市の養鶏場で発生した鳥インフルエンザについて、兵庫県は27日、国による遺伝子解析の結果、ウイルスが高病原性の「H5N8亜型」だったと発表した。

 一方県は、27日も鶏の殺処分を続けた。同日午後4時現在で鶏約14万6千羽のうち、8万2020羽を処分した。24時間態勢で作業を続けているが、同日中に完了するとしていた殺処分は、現場での作業効率の悪化などを理由に、28日中にずれ込む見通しとなっている。

 県は殺処分完了後、同養鶏場内を消毒。全ての防疫作業完了には今後1カ月以上かかるとしている。

 農林水産省によると、これまで詳細な解析を終えている香川県の三豊市と東かがわ市、福岡県宗像市の計六つの養鶏場と、北海道、新潟県、鹿児島県で見つかった野鳥のふんなどから確認されたウイルスと同じという。

 同省は感染経路の解明に向け、さらに詳細な解析を国の機関で進める。(山路 進)

総合の最新
もっと見る

天気(1月29日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 10%

  • 3℃
  • -1℃
  • 70%

  • 7℃
  • 2℃
  • 20%

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ