総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 JR西日本は山陽線の姫路-英賀保間の新駅設置について、国土交通省近畿運輸局に認可を申請したと発表した。1~2カ月で認可される見通しで、2026年春の開業を目指す。

 新駅は、現在姫路市が再整備計画を進めている手柄山中央公園(姫路市西延末)の北西部の玄関口に設ける予定で、姫路駅から西に約1・8キロに位置する。

 JR西によると、駅は橋上駅舎で、2ホームとする。駅施設の総事業費は約31億円。同市が国庫補助を含めて3分の2、JR西が3分の1を負担する。

 同公園では26年秋に新体育館や新市民プールなどがオープンする予定で、年間約160万人の利用者がさらに増えることが見込まれている。新駅設置による交通アクセスの改善に向けて、JR西と同市が16年に覚書を締結していた。(前川茂之)

総合の最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 7℃
  • 5℃
  • 60%

  • 9℃
  • 1℃
  • 50%

  • 8℃
  • 5℃
  • 70%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

お知らせ