総合 総合 sougou

  • 印刷
ライトアップされ、夕闇に浮かび上がる石積みの「生」の文字=16日午後5時46分、宝塚市の武庫川(撮影・斎藤雅志)
拡大
ライトアップされ、夕闇に浮かび上がる石積みの「生」の文字=16日午後5時46分、宝塚市の武庫川(撮影・斎藤雅志)

 阪神・淡路大震災からの再生を願い、兵庫県宝塚市の武庫川中州に石を積んで「生」の文字をかたどったオブジェが16日夕、ライトアップされ、集まった市民らが静かに祈りをささげた。

 2005年に現代美術家の大野良平さん(61)が初めて制作。川の増水で崩れるたびに市民らとともに積み直しており、今作の制作には昨年12月の2日間で延べ約180人が参加した。

 16日は午後5時をすぎると、懐中電灯で縦20メートル、横10メートルの石積みを照らし、地震の発生時刻に合わせて同46分に人々が手を合わせた。大野さんは「コロナ禍の中、それぞれが命の大切さを考える場になってほしい」と話した。

 また、宝塚大橋付近にある金属製の「生」モニュメント前でも式典があり、宝塚市内の震災死者と同数のろうそく119本をともして悼んだ。(風斗雅博)

総合の最新
もっと見る

天気(3月9日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ