総合 総合 sougou

  • 印刷
完成した番組「ジ・オリジナルフェア」の映像の一部
拡大
完成した番組「ジ・オリジナルフェア」の映像の一部
山田錦の収穫作業を取材するケリー・コックスさん(中央右)=三木市吉川町
拡大
山田錦の収穫作業を取材するケリー・コックスさん(中央右)=三木市吉川町

 米国の公共放送PBSのテレビシリーズ「ジ・オリジナルフェア」で、兵庫・神戸の日本酒の世界を紹介する番組が制作された。本紙連載「兵庫に乾杯 日本酒と酒米の聖地」を基に、最高峰の酒米山田錦や灘の酒づくりを取材し、都市と農村の風景も盛り込まれている。完成を記念して、神戸の酒と食を映像で訪ねるオンラインのツアーと試写会がそれぞれ13、20日の午前11時(日本時間)から英語で催される。

 「ジ・オリジナルフェア」は、イタリアのチーズやノルウェーサーモンなど世界各地の食文化をテーマに制作。米国のほか欧州やアジアで放送されている。

 「兵庫に乾杯」は2016年の朝刊連載で、酒米と日本酒の最大産地であり続ける兵庫の今と歴史を紹介。海外に兵庫をアピールするために、県がホームページに英訳版と原文を掲載している。

 番組ホスト役のケリー・コックスさんが、米オレゴン州の兵庫県人会長を務める篠原杏子さんを通じて連載を知り、番組を企画した。19年10月に同県三木市吉川町や神戸市北区淡河町で山田錦の収穫などを撮影。20年2月には剣菱酒造(神戸市東灘区)と菊正宗酒造(同)の伝統的な仕込み作業などを取材した。

 番組は、新型コロナウイルスの感染状況などを勘案しながら放送日が決定されるという。日本での放送予定はないが、全米放送後はPBSのホームページで見ることができる。

 両イベントは淡河町の淡河宿本陣跡と米国をオンラインでつないで開催。13日はケリーさんが神戸の酒蔵、料理店、農村を映像で案内し、剣菱酒造社長の白樫政孝さんや連載筆者とのライブトークがある。

 20日の試写会(オレゴン日米協会主催)では約30分の映像を配信。続く交流会では「地エネと環境の地域デザイン協議会」(事務局・神戸新聞社)の酒蔵と農家の連携から生まれた「地域資源循環」の日本酒の紹介などがある。

 企画・運営する篠原さんは「イベントを通じて新たなファン層が広がれば。海外の知人にも伝えてもらえたらうれしい」と語る。

 問い合わせは、オレゴン兵庫県人会のメールoregon.hyogo@gmail.comまで。

総合の最新
もっと見る

天気(4月12日)

  • 21℃
  • 12℃
  • 20%

  • 24℃
  • 5℃
  • 20%

  • 22℃
  • 11℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ