総合 総合 sougou

  • 印刷
市街地でも雪が降り続き、住民らが除雪に追われた=18日午前、豊岡市内
拡大
市街地でも雪が降り続き、住民らが除雪に追われた=18日午前、豊岡市内
市街地でも雪が降り続き、住民らが除雪に追われた=18日午前、豊岡市内
拡大
市街地でも雪が降り続き、住民らが除雪に追われた=18日午前、豊岡市内

 発達した低気圧や冬型の気圧配置が強まった影響で、北日本や西日本の日本海側では18日、東日本では19日朝にかけて大雪になる場所がある見込みだ。兵庫県でも豊岡市街地では17日夜から本格的に雪が積もり始め、18日朝には一面の雪景色に。13、14日には最高気温が20度を超え、景色も春めいていたが、一気に冬に逆戻りし、住民らが除雪に追われた。

 神戸地方気象台によると、18日午前9時時点の豊岡の積雪は19センチで、朝の最低気温は氷点下1・2度まで下がった。香住(香美町)で13センチ、和田山(朝来市)でも6センチが積もった。

 豊岡市日高地域の神鍋高原でも雪が降り続いている。奥神鍋スキー場(豊岡市日高町山田)では昨晩から今朝にかけて約50センチが積もった。暖かい日が続いていたこともあり、ウェブ上では「奇跡のパウダースノー」と紹介。関係者は「スキーには最高の雪。今週末にはまた暖かくなる予報なので、できるだけたくさん積もってほしい」と期待を込める。(阿部江利)

総合の最新
もっと見る

天気(2月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ