総合 総合 sougou

  • 印刷

 兵庫県尼崎市内のNPO法人が運営する障害者の就労継続支援B型事業所が昨年末まで、冷凍したまま消費期限が切れたパンをラスクに加工し、販売していたことが19日、分かった。

 同NPO法人によると、パンは市民団体から無償で提供を受けており、消費期限後も冷凍庫で保存。ラスクに加工し、地域イベントや市役所などで販売していた。食品衛生管理計画をつくる中で問題に気付き、昨年12月からは購入したパンを使っているという。同NPO法人の職員は「認識が甘かった」と話している。

総合の最新
もっと見る

天気(2月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ