総合 総合 sougou

  • 印刷
新型コロナウイルスのワクチン接種の受け付けを想定した訓練=伊丹市昆陽池2、阪神北広域こども急病センター
拡大
新型コロナウイルスのワクチン接種の受け付けを想定した訓練=伊丹市昆陽池2、阪神北広域こども急病センター
模擬訓練でコロナワクチンの接種方法を確認する看護師(右)=伊丹市昆陽池2、阪神北広域こども急病センター
拡大
模擬訓練でコロナワクチンの接種方法を確認する看護師(右)=伊丹市昆陽池2、阪神北広域こども急病センター

 兵庫県伊丹市は22日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種を想定した模擬訓練を、同市昆陽池2の阪神北広域こども急病センターで行った。市職員や医師ら約40人が参加し、会場設営や手順などを確認した。

 同市は同センターを含む市内3施設で集団接種を予定している。訓練は30分間で20人に接種するペースを目指して進められた。シルバー人材センターの会員20人が接種を受ける高齢者らの役を務め、仮の予診票を提出。医師が問診し、看護師が注射器で接種する動作をした。参加者はアレルギー反応の有無を確認するため、接種後も20分ほど待機した。

 参加した同市の三尾剛さん(67)は「会場がやや狭く、待ち時間が長く感じられた。接種が始まれば必ず受けたい」と語った。同市では今後、訓練を4回開く予定といい、担当者は「集団接種の運営を経験した医療関係者が少ないのが課題。スムーズな接種のために検証を重ねたい」と話した。(久保田麻依子)

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況

総合の最新
もっと見る

天気(2月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ