総合 総合 sougou

  • 印刷

 西日本高速道路会社は、中国自動車道吹田ジャンクション(JCT)-神戸JCT間のリニューアル工事に伴い、中国池田インターチェンジ(IC)-宝塚IC間で5月中旬~2024年7月ごろ、現行の6車線から4車線に減らす車線規制を実施すると発表した。

 吹田JCT-神戸JCT間は1970年の大阪万博に向けて整備され、開通後約50年が経過。交通量の増加や車両の大型化などで道路の損傷が進んでおり、20年度からリニューアル工事に着手していた。

 車線規制は混雑期(ゴールデンウイークやお盆、年末年始)を除いて実施する。また、吹田JCT-中国池田IC間は5月中旬から23年3月ごろにかけ、6回に分けて、各1・5カ月程度、終日通行止めにする予定。

 具体的な実施時期や、宝塚IC以西の神戸JCTまでの通行規制などについては決定次第、発表するとしている。同社は規制期間中、新名神高速道路や舞鶴若狭自動車道への迂回(うかい)を呼びかけている。(前川茂之)

総合の最新
もっと見る

天気(4月12日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 20%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ