総合 総合 sougou

  • 印刷
姫路城三の丸広場周辺で咲き始めたソメイヨシノ=19日午後、姫路市本町
拡大
姫路城三の丸広場周辺で咲き始めたソメイヨシノ=19日午後、姫路市本町
姫路城三の丸広場周辺で咲き始めたソメイヨシノ=19日午後、姫路市本町
拡大
姫路城三の丸広場周辺で咲き始めたソメイヨシノ=19日午後、姫路市本町

 世界文化遺産・国宝姫路城(姫路市本町)で19日午後、ソメイヨシノが開花した。姫路城管理事務所が1986年に統計を取り始めて以来、最も早い咲き始めとなった。「基準木」を若木に変更した後、最速だった昨年よりも5日早い。

 城周辺にはソメイヨシノなど約1600本のサクラが植えられている。同日午後1時、三の丸広場南の基準木で花が5輪開いているのを職員が確認。周辺の木々でもほころび始めている。

 姫路城では例年、開花確認後1週間から10日ほどで満開となるため、見頃は月末までとなる見込み。現在、感染症対策で混雑が予想される場合は入城を制限。間隔の確保や飲酒の自粛を求めているが、日中の散策は自由にできる。

 神戸地方気象台によると、神戸の「標準木」はつぼみの状態で、開花宣言まで数日かかりそうという。(大山伸一郎)

兵庫がもっと好きになるニュースお届けします。「神戸新聞ニュースレター」の購読は、下のフォームから。

利用規約に同意の上、登録ボタンをクリックしてください。

総合の最新
もっと見る

天気(5月19日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 50%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ