総合 総合 sougou

  • 印刷
市立伊丹病院=伊丹市昆陽池1
拡大
市立伊丹病院=伊丹市昆陽池1

 伊丹市立伊丹病院(兵庫県伊丹市昆陽池1)で受けた手術後に脳梗塞を発症し、障害が残ったとして、伊丹市の60代女性が病院を経営する同市に約1億2500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が23日、神戸地裁であり、小池明善裁判長は同市に約6660万円の支払いを命じた。

 判決によると、女性は2013年6月、同病院で受けた子宮摘出手術の後、腹腔内出血でショック状態になった。同病院で再手術を受けたが、脳梗塞を発症し、記憶力や注意力が低下。同年10月に高次脳機能障害と診断された。

 小池裁判長は判決で、脳梗塞が手術後の出血によるものと認定。「腹部コンピューター断層撮影(CT)検査や輸血の準備などをしておけば回避できた」として、病院側に過失があったと指摘した。

 同病院は「判決を精査し、対応を検討する」としている。

総合の最新
もっと見る
 

天気(1月24日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 30%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ