総合 総合 sougou

  • 印刷
街頭演説する国民民主党の玉木雄一郎代表=28日午後、神戸市須磨区中落合2(撮影・鈴木雅之)
拡大
街頭演説する国民民主党の玉木雄一郎代表=28日午後、神戸市須磨区中落合2(撮影・鈴木雅之)
街頭演説する国民民主党の玉木雄一郎代表=28日午後、神戸市須磨区中落合2(撮影・鈴木雅之)
拡大
街頭演説する国民民主党の玉木雄一郎代表=28日午後、神戸市須磨区中落合2(撮影・鈴木雅之)

 国民民主党の玉木雄一郎代表が28日、次期衆院選で新人を擁立する兵庫3区の選挙区となる同市須磨区、垂水区を訪れて演説し、「今の政権は新型コロナウイルスと国民をなめている。命と暮らしを守るため、政治の刷新が必要だ」と訴えた。

 市営地下鉄名谷駅前などで演説した玉木代表は「政府のコロナ対策は後手後手に回っている」とした上で、麻生太郎財務相の「マスクはいつまでやるのか?」との発言を取り上げ、「国民に長く負担を強いる中、許せない言葉だ」と断じた。

 野党の役割として「コロナ禍の中で与党批判や反対だけでなく、政策提案が求められている」とし、孤独対策の担当大臣創設などの実績を紹介。昨年急増した女性や子どもの自殺の問題も取り上げ「政治の責任が問われている」とした。

 玉木代表は報道陣の取材にも応じ、次期衆院選で「今の政権はコロナ対策と経済・社会活動の両立を図る戦略が皆無。抜本的な戦略変更を訴えていく」と強調。一方で、衆院解散については「とても選挙ができる状況ではない。まずは与野党挙げて感染拡大防止に全力をささげるべき」とした。(長谷部崇)

総合の最新
もっと見る

天気(4月21日)

  • 22℃
  • 12℃
  • 0%

  • 21℃
  • 8℃
  • 0%

  • 25℃
  • 10℃
  • 0%

  • 25℃
  • 10℃
  • 0%

お知らせ