総合 総合 sougou

  • 印刷
咲き誇るイペの花。陽気なブラジルのイメージそのもの=神戸市中央区山本通3、海外移住と文化の交流センター
拡大
咲き誇るイペの花。陽気なブラジルのイメージそのもの=神戸市中央区山本通3、海外移住と文化の交流センター
色鮮やかな花を咲かせるイペ=神戸市中央区元町通1
拡大
色鮮やかな花を咲かせるイペ=神戸市中央区元町通1

 神戸港からブラジルへ出航した移民の歴史にちなんで植えられたブラジルの国花イペが、神戸市中央区の鯉川筋などで咲き、街角を明るい黄色で彩っている。

 ノウゼンカズラ科の高木。日本最初のブラジル移民船「笠戸丸」は1908(明治41)年4月28日、神戸港を出発した。100周年に合わせ、海外移住と文化の交流センター(同区山本通3)から港に向かう沿道にイペが植樹された。

 同センターの敷地では約20本が成長し、今年の開花は例年より1週間早かったという。同センターの日伯協会は「入植者の子孫にとって神戸に咲くイペの意味は大きい。両国のつながりを感じてもらえたら」とする。(小林良多)

総合の最新
もっと見る

天気(5月7日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ