総合 総合 sougou

  • 印刷
初登庁し、市民から花束を受け取る山崎晴恵市長=19日午前、宝塚市役所(撮影・大田将之)
拡大
初登庁し、市民から花束を受け取る山崎晴恵市長=19日午前、宝塚市役所(撮影・大田将之)
初登庁の朝、公用車から降りる山崎晴恵市長=19日午前、宝塚市役所(撮影・大田将之)
拡大
初登庁の朝、公用車から降りる山崎晴恵市長=19日午前、宝塚市役所(撮影・大田将之)

 兵庫県宝塚市長選で初当選した山崎晴恵市長(51)が19日午前9時前、市役所に初登庁した。市民や職員ら約70人が出迎える中、公用車で到着。市民から花束が贈られると、「市民一人一人を取りこぼさないまちにしていきたい。これからの宝塚を、市民と一緒に考えていきたい」とあいさつした。

 弁護士として前中川智子市長(73)の後継指名を受けた。選挙戦では、子どもや女性、障害者らに手厚い福祉政策を継続しつつ、財政を見直し、教育の在り方を改革するなどと訴えた。(西尾和高)

総合の最新
もっと見る

天気(5月7日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ