総合 総合 sougou

  • 印刷
明石市役所=明石市中崎1
拡大
明石市役所=明石市中崎1

 虐待の疑いで児童相談所(児相)に一時保護された乳児が1年3カ月にわたり家族から引き離された問題を受け、兵庫県明石市は20日、児相が行う全ての一時保護について妥当かどうかを外部の目で点検する「第三者委員会」を立ち上げた。一時保護の直後に妥当性を審査する仕組みは全国で初めてという。

 委員は元児相所長や元裁判官、弁護士ら5人に委嘱。委員は原則、一時保護の翌日までに子どもと面談し、一時保護に加えて面会や通学制限を続けることの要否を調べる。申し出があれば保護者や児相からも聞き取る。

 市内の一時保護は年間152件(2019年度)。運用状況を見て委員を増やす可能性もあるという。

 20日の初会合で泉房穂市長は「『子どものため』と言っても、立場でその中身は異なる。じかに子どもの顔を見て、声を聞くことで子どもの思いに寄り添いたい」とあいさつ。委員の一人は「子どもを守るのみでなく、親との関わりや通学も勘案し、バランスの取れた対応につながれば」と話した。(長尾亮太)

総合の最新
もっと見る

天気(5月9日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ