総合 総合 sougou

  • 印刷
新型コロナウイルスワクチンを打つ市民=洲本市文化体育館
拡大
新型コロナウイルスワクチンを打つ市民=洲本市文化体育館

 兵庫県洲本市は22日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種を始めた。医療従事者と高齢者施設入所者以外へは淡路島内で最初。基礎疾患がある65歳以上を対象にし、市文化体育館(塩屋1)で約240人が受けた。

 今月16日、米ファイザー社製ワクチン195瓶(975回分)が届き、超低温冷凍庫で保存していた。

 この日は、30分ごとに約50人ずつ会場へ案内。問診後に順にワクチンを打ち、15~30分待機して副反応の有無を確認した。不調を訴える人はいなかった。

 同市の農家の女性(72)は「それほど痛くなかった。島内でも感染が拡大している。少し安心できた」と話した。

 24日に同施設でさらに240人、5月1日以降に五色地域で780人の接種を予定している。(吉田みなみ)

総合の最新
もっと見る

天気(6月13日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ