総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸海上保安部所属の巡視艇「あわぎり」=神戸港
拡大
神戸海上保安部所属の巡視艇「あわぎり」=神戸港

 5日午後2時半ごろ、兵庫県淡路市東浦の沖で、「ウインドサーフィンをしていた友人の姿が見えなくなった」と118番があった。神戸海上保安部が捜索し、約1・5キロ北の海上で漂流している70代男性を救助した。男性にけがはなかった。ライフジャケットを身に着けておらず、118番通報や位置情報の把握に役立つスマートフォンも携帯していなかったという。

 同保安部によると、男性は神戸市長田区在住。現地で午後1時半ごろにサーフィンを始めたが、約30分後にボードと帆が何らかの理由で分離。ボードが流され、男性は帆につかまりながら漂流していた。同3時40分ごろ、巡視艇あわぎりが発見した。

 同保安部は、事故防止や捜索時の早期発見のため、ライフジャケットの着用▽防水処置を施したスマホ携帯などの連絡手段確保-といった準備をしてサーフィンをするよう呼び掛けている。

総合の最新
もっと見る

天気(6月23日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ