総合 総合 sougou

  • 印刷
加東市役所=加東市社
拡大
加東市役所=加東市社

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、兵庫県加東市は7日、兵庫の高級酒米山田錦の生産者らを支援することを明らかにした。飲食店の休業、時短などで日本酒の需要が低迷。酒米農家は減産を強いられており、作付面積10アール(千平方メートル)当たり5千円を給付する。市によると、酒米農家に対する支援は兵庫県三木市などでも実施しているという。

 山田錦は高級酒米として名高く、兵庫県の生産量は全国シェア約6割を誇る。加東市は山田錦誕生の地として特産品化しているが、コロナ禍で全国の酒蔵からの受注が減少。市によると、2020年、市内の山田錦生産は全体で約2~3割減となった。

 支援金の予算は約6千万円。山田錦以外の酒米を作る事業者も含め、1250の個人、法人などが対象となる。市は2020年分の営農計画書に基づき、5月中に対象者に給付金申請書を送付する。

 加東市では、山田錦を使った全国の日本酒の飲み比べが楽しめる「山田錦乾杯まつり」を実施するなど振興を図っており、市は「特産品を作る生産者や農地は市の財産。サポートしていきたい」としている。(中西大二)

総合の最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 28℃
  • 18℃
  • 30%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

  • 30℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ