総合 総合 sougou

  • 印刷
第2局を制し、戦いを振り返る里見香奈女流王位=18日午後、札幌市、京王プラザホテル札幌
拡大
第2局を制し、戦いを振り返る里見香奈女流王位=18日午後、札幌市、京王プラザホテル札幌
里見香奈女流王位
拡大
里見香奈女流王位

 将棋の里見香奈女流王位(29)=清麗、女流名人、倉敷藤花=に山根ことみ女流二段(23)が挑む第32期女流王位戦5番勝負(神戸新聞社主催)の第2局が18日、札幌市の京王プラザホテル札幌で指され、午後6時27分、先手番の里見が101手で勝った。連勝の里見は、単独最多となる通算44期目の女流タイトル獲得に王手をかけた。

 持ち時間各4時間のうち、残りは里見が13分、山根が10分。第3局は6月2日、福岡県飯塚市の「旧伊藤伝右衛門邸」で指される。

 初戦を制し勢いに乗る里見と、女流タイトル戦初挑戦の山根。第1局と同じ相振り飛車の戦型となった。

 昼食休憩後、山根が3四金(72手目)と飛車筋を通したのに対し、里見は1時間14分の長考の末、4七金左(73手目)と備え、冷静に対応した。山根が3五金(74手目)と攻めに出ると、里見も8四歩(75手目)と歩を突き、攻め合う展開に。里見は終盤、8筋から敵玉を追い込み、山根も粘ったが、里見の7二歩(93手目)が急所の一着となった。

 立会人の屋敷伸之九段(49)は「里見女流王位が終始主導権を渡さず、山根女流二段の攻勢に対応していた」と話した。

女流王位戦
総合の最新
もっと見る

天気(6月18日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 70%

  • 28℃
  • 19℃
  • 70%

  • 28℃
  • 22℃
  • 60%

  • 28℃
  • 20℃
  • 60%

お知らせ