総合 総合 sougou

  • 印刷
長崎で行われた聖火リレーであいさつする石原さとみ(資料写真)
拡大
長崎で行われた聖火リレーであいさつする石原さとみ(資料写真)
東京五輪聖火リレートーチ=日本オリンピックミュージアム(資料写真)
拡大
東京五輪聖火リレートーチ=日本オリンピックミュージアム(資料写真)

 東京五輪聖火リレーは22日に鳥取県での2日間の日程を終え、23日に姫路市の姫路城に到着する。新型コロナウイルス緊急事態宣言のため公道でのリレーは中止されたが、姫路城三の丸広場で代替行事の点火式典を無観客で開催する。24日は丹波篠山市の篠山城跡三の丸広場で、ランナーが20メートルずつ走るリレーを行い、次の京都府に聖火を引き継ぐ。

 聖火リレーは3月25日に福島県を出発し、兵庫は28府県目。緊急事態宣言が発令された福岡、広島、岡山県などでも公道でのリレーが中止となり、会場内での代替行事や短距離のリレーが開催されてきた。

 姫路城では23日午後5時半から、ラグビーの神戸製鋼で活躍した元日本代表の大畑大介さん(45)ら85人が、舞台上で聖火を受け渡す「トーチキス」を行う。篠山城跡では24日午後1時から、フィギュアスケートの紀平梨花選手(18)=西宮市出身=ら88人と3グループ29人の計117人が1区間20メートルの聖火リレーを行う予定。

 いずれも会場での観覧は各ランナーの家族ら関係者1~2人ずつに限られる。NHKのホームページでライブ中継があり、兵庫県などは画面を通した観覧を呼び掛けている。(古根川淳也)

姫路丹波
総合の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 29℃
  • 20℃
  • 0%

  • 27℃
  • 17℃
  • 0%

  • 30℃
  • 20℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 10%

お知らせ