総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県三木市長選が6日、投開票される。いずれも無所属で、現職の仲田一彦氏(48)=自民、公明推薦=と、元職の薮本吉秀氏(62)が立候補。当時市長だった薮本氏の辞職に伴う2017年の出直し市長選に続き、同じ顔ぶれでの一騎打ちが展開されている。

 再選を目指す仲田氏は「20、30年先を見据えたまちをつくる」と強調する。県市協調で進めるひょうご情報公園都市次期工区開発による雇用創出や、地域資源を活用した体験重視の教育導入などを掲げる。

 返り咲きを狙う薮本氏は「コロナ禍には力強いリーダーシップが必要」と主張する。ワクチンの早期接種や、コロナ禍に伴う子育て世代の困窮を受け、小学校区ごとの「こども食堂」開設などを訴えている。

 大勢判明は6日午後11時ごろの見通し。(篠原拓真)

    ◇

 電子版「神戸新聞社NEXT」では、三木市長選立候補者の得票、当落情報を速報します。

立候補者の略歴

三木
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月1日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 23℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 36℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ