総合 総合 sougou

  • 印刷
ツイッターで「高収入」「バイト」で検索すると、「闇バイト」を紹介する書き込みが大量に表示される(画像の一部を加工しています)
拡大
ツイッターで「高収入」「バイト」で検索すると、「闇バイト」を紹介する書き込みが大量に表示される(画像の一部を加工しています)
兵庫県警少年課が作製した啓発ポスター
拡大
兵庫県警少年課が作製した啓発ポスター
特殊詐欺被害防止を目指し、地域住民にチラシを配る宝塚署員ら=宝塚市内
拡大
特殊詐欺被害防止を目指し、地域住民にチラシを配る宝塚署員ら=宝塚市内

 48歳の「受け子」-。特殊詐欺グループでは末端の役割で逮捕される危険性が高く、少年少女が「闇バイト」として手を染めてしまうことがある犯罪になぜ、中年の男が手を出したのか。神戸地裁であった公判を傍聴すると、犯罪に足を踏み入れるハードルの、際立った低さが垣間見えた。

 ■コロナで解雇

 茶髪に染めた短髪。保釈中だった遠山進太郎(仮名)は昨年5月、「全国銀行協会」の職員を名乗り、神戸市灘区の女性(83)からキャッシュカード2枚を詐取したとして兵庫県警に逮捕された。今年2月のことだ。

 姫路市出身の遠山は高校中退後、土木や電気関係の仕事に就いたが長続きしなかった。2度結婚し、いずれも離婚。大阪市で1人暮らしをしていた。

 事件当時は定職がなく、友だちの仕事を手伝う程度。新型コロナウイルスの影響で事件の2カ月前に電気工事の仕事を解雇された。

 「勤務期間が短く、失業保険はもらえなかった」

 所持金は減り「8千円ほどになり焦った」。ツイッターに「お金に困っています。仕事を紹介してください」と投稿した。

 ■偽名

 程なく数件のメッセージが届いた。「受け子」「出し子」と書かれていた。露骨な犯罪行為の勧誘に抵抗を感じた。その中に「キャッシュカードを回収する仕事です」と伝える人物からのメッセージもあった。

 試しに連絡すると、「全国銀行協会の職員を名乗り、コバヤシアキラという偽名を使ってください。報酬は最低5万円です」と伝えられた。

 犯罪だとうすうす気付いた。だが、遠山はすでに運転免許証を提示していた。自分の住所は相手に知られている。「ちょっと怖い」。そんな気持ちもあり、引き返せなかった。

 ■カードは消火器の下

 昨年5月28日、遠山は指定された神戸市灘区内の駅にスーツ姿で着いた。

 共犯者に連絡すると「金融商品ご解約手続き証明書」と全国銀行協会の名札をコンビニのコピー機で印刷するよう指示された。

 午後1時すぎ、また連絡があった。灘区の住所と居住者の名前、地図が送られてきた。現場に着くと、共犯者と通話状態にしたスマホを忍ばせ、インターホンを押した。焦った様子の高齢女性に協会職員だと告げ、キャッシュカード2枚を受け取った。

 印刷した証明書を出した。自然な会話もできた。女性の家を後にすると、キャッシュカードについての指示が来た。「(被害者宅に近い)集合住宅内の消火器の下に置け」。その通りにした。

 ■不成立

 カードを置いた遠山は「今日はこれで終わりです」と連絡を受け、元妻に会うため大阪・十三に向かった。道中、後悔の念がわいた。

 共犯者から「不成立でした」と連絡がきた。口座から現金が引き出せなかったと悟り「正直、ほっとした」。報酬は払うと言われたが、断った。「もう関わらんとこ」。そう決めた。

 その後も受け子を勧められたが相手にしなかった。

 2週間後、病院で患者を送迎する仕事を得た。収入は月10万円ほど。順調だった。元妻と同居も始めた。

 しかし8カ月後、逮捕された。49歳を迎える誕生日の前日だった。

 ■「真面目に生きてくれ」

 赤いセーターに白いジーンズ姿の遠山は、法廷で「被害者に怖い思いをさせて申し訳ない」と反省の弁を述べた。保釈金は元妻との間に生まれた息子が立て替えてくれた。今、住んでいる場所の家賃も援助してもらっている。借金もある。「真面目に生きてくれ」。息子からそう言われた。

 遠山は声を絞った。「もう少し努力して仕事を探していれば、こんなことにならなかったかもしれない。更生するため、職を探します」。ベルトに付けた鍵束の音が法廷に響いた。

     ◆

 神戸地検は懲役3年6月を求刑、神戸地裁は5月下旬、懲役2年6月、執行猶予4年の判決を言い渡した。(堀内達成)

総合の最新
もっと見る
 

天気(8月4日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ